心が苦しく成る過程、その原因、誘因(心の癖)、苦しくなるキッカケを精神の構造分析で解明しています。さがら療法


                             

 
 不安
 心が不安定になる環境に遭遇しています。
強い心があれば、人生を乗り越えて行けます。
悩み
 将来の事を考え、答えが分からない状態で物事を判断している状態。
 イライラ
「ほめられたい・認められたい」との思いがあり、結果を考えて悩んだ
末の心の状態。
  キレる
 不安な時に安心できない情報や言動と出会い、瞬時に起きる怒りの爆発。
ウツ病
 自分一人が「ほめられたい・認められたい」との心で頑張り、思い通りにいかず、心の疲れが 貯まって、緊張の糸がプッツリ切れた状態を回復しょうと焦り恐れている心。
 引きこもり
 不安が増幅し、他人の言動とふれ合うのが怖く、恐れが大きくなった状態の心。
 自殺願望・自殺依存
 不安が増幅し、的確に「ほめて・認めて」くれる人に出会わない時に生じる心。
 自殺
自殺願望が生じ、心の問題を解決してくれる人に「出会わない」と決めた時に起きるパニック。方法の善し悪しはありますが、人間として自分を生かすための手段でもあります。
 集団自殺
感謝の心が不足している者がいます。人生の目的を考えていて答えを見い出せません。人間にとっては、死も生きる行為だとの共通認識を持ちます。
自殺という行為を「認め合いたい」と思います。共感者を募ります。
未熟な先入観で判断しています。「赤信号皆んな渡れば怖くない」と同じで、多人数で起こす行為です。完全な先入観(観念)での判断で、感謝の心が理解できていません。誰かが気づき、判断の仕方・心の仕組みを伝えねば成りません。生きる事が楽しく、死ぬより楽だと言う事実を具体的に伝えていきます。
                                                     一般財団法人 心の健康教室 さがら療法
                                                                           〒820-0609
                                                                  福岡県嘉穂郡桂川町吉隈1143
                                                                       TEL 0948-20-9019

このページの先頭へ
copyright©2017 sagara therapy all rights reserved.